高級賃貸の定義は

高級賃貸という言葉は、法律に規定されているものではありませんし、業界全体で決め事をしているわけでもありません。そのため正確な定義というのは存在しておらず、広告に箔をつけるために不動産業界が打ち出している言葉として考えて良いです。それでも箔をつけてまで販売したい物件があるという不動産業界の思いが込められているわけで、実際的にどのような物件であるのか特徴を調べてみると、賃料が高いです。全体的に15万円程度。低いものでも12万円代なので高級と言っても間違いないでしょう。高いものを見ていくと20万円からさらに伸びて、35万円、70万円と、限りなく伸びていきそうです。建物に関しては、新築でも古くても、タワーマンションでも、戸数が少なく階層も少ない低層マンションでも、UR賃貸でも、ペット可・不可でも、デザイナーズマンションでも、戸建てでも、分類に捉われることはありません。そして高い賃貸の理由は、まず挙げたいのは土地の値段です。都心の土地は特に中央区と千代田区が桁違いの二強で、それに伴い賃貸価格も上がります。そして次に挙げたい理由は、アクセスが便利であるということです。都心に近く電車などの交通機関が発達している、品川区や港区や渋谷区やその他駅の近くでも賃貸価格が上昇します。それらのことから高級賃貸というのは立地が良くて賃料の高い物件と見ても良いでしょう。